flash

取り扱い建材

厳選した建材

住宅を建てる上で欠かせないのが建材です。当社では豊富な種類がある建材の中から厳選したものを使用し、建売にはないオシャレでお客様のこだわりが詰まった家を施工しています。
建材一つで仕上がりの雰囲気も変わりますので、お客様のご希望をお聞かせください。ご希望を叶えるために当社が所有する建材からピッタリな素材を選び素敵な家に仕上げます。

ページTOPへ戻る △

建材その1 木材

木曽ヒノキ

一般的に「木曽ヒノキ」といった場合、150年以上の天然の檜を指します。
木曽ヒノキは日本最大の天然檜林です。最老齢のヒノキは700年くらいで、胸高直径120センチに及びますが、老齢になると成長はぐんと遅くなります。
ヒノキは木曽以外の地域では40年程で太くなるのに対して、木曽ヒノキは同じ太さになるのに約70年もかかります。それは山の傾斜が険しく、多雨で寒さが厳しい自然環境のため、生長に時間がかかるのです。しかしその分、木目が細かくなり、弾力性の高い木になります。また、ゆがみや縮みが少ないため、極めて建材として適した用材でもあります。
木曽谷のヒノキは、細胞壁が緻密で年輪幅が細かく、反り・曲がりなどの狂いや割れが非常に少ない木材です。特筆すべきは、他の樹種の追随を許さない、その耐用年数の長さです。伐採後、数100年に渡り強度を増していき、1200~1300年という気の遠くなるような時間を経て伐採時の強度に戻るといわれています。
世界遺産に指定された法隆寺の五重塔に木曽ヒノキが使われているのは有名な話です。

photo

木曽ヒノキの特徴

その1 調湿

湿度が高いと湿度を吸収し、乾燥すると水分を放出して湿度を調節します。

その2 吸収性

木材は有害な紫外線を吸収し人への刺激を低減してくれます。

その3 断熱性

木材の熱伝導率は、コンクリートの約10倍、鉄の約350倍と低く温かみを感じます。

その4 耐火性

木材の表面は炭化層となっているので芯まで燃えにくく変形しません。

東濃檜

数ある木材の中でも、ヒノキはその美しい木目で高い人気を誇っています。一言でヒノキと言っても、日本全国には木曽・尾鷲などのいくつかのヒノキの名産地があります。
中でも東濃ヒノキは他の産地のヒノキと異なり、淡いピンク色をしています。このような美しい色合いのヒノキは、東濃ヒノキだけが持つ特徴です。また、東濃ヒノキは他の産地のヒノキと比べ油分が多く、ツヤが良いという特徴もあります。これはまさに、住宅などの建築用としてふさわしく、ヒノキの色やツヤにこだわる方は東濃ヒノキを選ばれる方が多くいらっしゃいます。東濃ヒノキを柱や梁、壁や床に使用すれば、上質な空間が演出されます。

photo

東濃ヒノキの特徴

その1 優れた強度

年輪幅が2~3mmと細かく均整がとれ、強度に優れています。

その2 美しい色合いと艶

東濃桧は淡いピンク色で時が経つほど光沢が増します。また香りがよく、粘りがあって強度的にも優れています。

その3 耐水性・耐久性

湿気など水分に対する耐水性があり、高い耐久性を誇ります。

その4 高い精度・加工性

狂いや変化が少なく、加工性も良いため、建築材として最適です。

ページTOPへ戻る △

建材その2 構造材

コーチパネル
揺れに強い家づくりは、柱はもちろん、パネルが大事!!

コーチパネルの強さの秘密と、コーチパネルを選ぶとお施主さんが得られるメリットを紹介いたします。
コーチパネルの特徴は、大きく分けて3つあります。

photo

特徴その1
~繰り返し来る余震にも耐える、圧倒的な強さ!~

コーチパネルの魅力はなんと言ってもその強さ。
建築基準法で定められた耐力壁の強さを表した数値・壁倍率は、4.8相当。
従来の工法に比べて、約2倍の耐力と、約1.6倍もの粘り強さを発揮します。これが実際どれくらいの揺れに耐えられる強さかというと、
震度7強を超える巨大地震や、繰り返し来る余震にも耐えられる程の強さです。
実際、近年日本で頻発している地震で倒壊してしまった家は、
本震には耐えられたけれど、何度も起こる余震でダメージを受け倒壊してしまった、という例も多数あります。
巨大地震には、繰り返し来る余震が付きもの。
そんな余震にも耐えうる力を持ったのが、このコーチパネルなのです。

特徴その2
~機械による精密な加工により、隙間のない施工が可能!~

あなたは家の断熱材と聞いて、どんなものを思い浮かべますか?
恐らく多くの方が、綿のようなふわふわした断熱材を思い浮かべることと思います。
これは、グラスウールという断熱材です。
これまで多くの家に使用されてきた、代表的な断熱材です。しかし、このグラスウール、実は場所によっては施工できなかったり、
施行しても電気配線の関係で隙間ができてしまったり、
施工方法によって本来の機能が発揮できるかできないかが、
大きく左右されてしまうのです。
隙間ができると家の中の温かい空気と、外の冷たい空気がしっかり遮断されず交わってしまい、
結露してしまいます。
結露は、家を腐らせる原因の1つ。
家を綺麗に長持ちさせるためには、断熱材も慎重に選ぶことも重要です。
一方コーチパネルは、断熱材があらかじめ枠材の中に組み込まれた状態で現場にお届けするので、
現場の大工さんの施工技術に左右されること無く、
隙間の無い断熱施工が可能です。
複雑なパネルも製造可能なので、施工場所も選びません。
また、電気配線(スイッチボックスの設置など)も楽々行うことができます。
コーチパネルは地震に強いだけでなく、家を長持ちさせるための工夫のひとつでもあるのです。

特徴その3
~雨仕舞いが早く行えるので、大切な家を濡らさない!~

念願のマイホームが、建築中に雨に降られて濡れてしまったら…
基本的には乾けば大きな問題はありませんが、やはり良い気分はしませんよね。
コーチパネルは、現場に届き次第すぐに取り付けが始められるので、大切な家を濡らすことはありません。また、現場で出るゴミが少ないので、綺麗な家づくりも可能です。コーチパネルは、お施主さんにとっても、地球環境にとっても気持ちの良い家づくりをサポートします。

ページTOPへ戻る △

建材その3 断熱材

オーガニック断熱工法STEICO

photo

~天然が作る建築と暮らし~
STEICO断熱材は住宅の中の森です。STEICO断熱材は屋根、壁、床で使用することが出来、快適で健康、安心な暮らしをあなたに約束します。STEICOはヨーロッパ中の多くの現場で、何10年にも渡ってその性能を実証しています。STEICOの製品は全てFSC、PEFC認証の木材から製造されたエコロジーな製品です。

~断熱材ではなく、次世代のための家造り~
STEICO断熱工法は高温の真夏でさえ非常に高い蓄熱性と、非常に低い熱伝導率で暑さから建物を遮ります。その特別な断熱性能で、真夏でも快適で涼しい室内環境を創ります。STEICO断熱工法は透湿性能があるため、最適な湿度調整を行ってくれます。



ページTOPへ戻る △

建材その4 壁材

カルクウォール
スイス漆喰のこだわり

漆喰は、3000年以上も前から現在まで、ごく当たり前に使われてきた塗り壁です。中でもスイス漆喰はアルプス原産の不純物の少ない石灰石を原料に、300年変わらない伝統製法で作り続けられています。現代の漆喰は1,400℃の高温で不純物の多い石灰石を焼成するのに対して、スイス漆喰は950℃の低温で不純物の少ない石灰石を1週間かけて焼成します。そのため、細かく均一な粒子の生石灰ができ、強度の強い漆喰になります。そして、焼成した石灰石に水を混ぜ約6ヶ月間熟成させてスイス漆喰は出来上がります。海苔や合成樹脂など化学物質も一切使用していない天然100%の素材です。そうしてできたスイス漆喰は、呼吸性が高く、柔軟性と硬さを持ち合わせた強固な壁を作ります。またスイス漆喰は、100年かけて石に戻る再石灰化という特徴を持ち、耐久性が高く、何世代にも渡って住まい継ぐことができる美しい壁を保つことができます。こだわりの製法で素材そのものの持つ力を十分に活かせる素材なのです

photo

特徴その1 漆喰の持つ効果〜強アルカリ性と呼吸性〜

スイス漆喰は、生物のように呼吸をしている素材です。そのため、室内の湿気を吸放湿してくれるので年中を通して快適に過ごしやすい環境を作ることができます。またそれだけではなく、スイス漆喰は強アルカリ性という特徴があります。
通常の漆喰よりも高いph13という強アルカリ性が、強い酸化還元作用を持ち、有機物や、空気中のウイルス、匂いまでも吸着し分解してくれる力があるのです。さらにスイス漆喰の持つこれらの効果は、日本の住環境でよく悩みとしてあげられる結露やカビの発生を抑えることができます。 アレルギーやシックハウス、喘息の原因として考えられているのは化学物質だけではなく、カビが大きく影響していると言われています。日本の気候風土を考えるとスイス漆喰のカビを抑える強アルカリ性は家づくりに必須と言っても過言ではないかもしれません。

特徴その2 漆喰が持つ効果〜防静電気とメンテナンス性〜

スイス漆喰は静電気を発生させず埃が舞いづらい空間を作ることもできます。ビニールクロスなどの一般的に壁の仕上げ材として使われているものは基本的に静帯電性があり、静電気を起こすので壁一面に埃が張り付きやすく、人が通るたびに人が通るたびに埃が室内舞ってしまいアレルギーの元にもなりかねません。 そして、塗り壁を使う時に不安になるのはメンテナンスです。「汚れたらどうしよう」「割れたら直せるのか」といったご意見はたくさんいただきます。漆喰の寿命はとても長く、手入れがしやすいため3000年も前から世界各地で使われ続けています。とはいえメンテナンスが不要ということではありません。 汚れたり割れてしまっても簡単に補修することができるのもスイス漆喰の特徴と言えます

特徴その3 日本の気候に適した素材「本漆喰」

スイス漆喰が生まれたスイスという国は、アルプス山脈の麓にある九州と同じくらいの広さの国です。またその気候風土は、日本同様に雨や雪があり、湿気に悩む国であるということが共通点です。 なので、日本のように湿度が住宅の長寿命化に影響を与える地域には、こういった気候に適した調湿性のある建材が必要と言えます。また日本は、高温になる夏の暑さ対策として、スイス漆喰の遮熱性は大きな効果が期待できます。 なぜならば、赤外線反射率91%という特徴で遮熱塗料以上の効果があり、日本の気候には適していると言えるのです。

特徴その4 漆喰の持つ効果〜再石灰化と強度と柔軟性〜

先述のように、スイス漆喰は再石灰化という自然のサイクルを持ち合わせている素材です。再石灰化というのは、乾燥した漆喰が空気中の二酸化炭素と反応して、100年かけて元の石灰石へ戻る現象です。また、合成樹脂を使わず、混ぜ物も少ないスイス漆喰はとても強度が強い素材です。
実際にJIS A 6909(建築用仕上塗材)に準じた付着強度試験では、平均1.0N/m㎡(塗り壁に必要な強度0.4N/m㎡以上)という結果がでており、幅広い建物に安心して使うことができます。 現代の漆喰は割れやすいという点から扱うのが難しい素材でしたが、スイス漆喰は低温で1週間焼き上げているので粒子が非常に細かく均一になることで曲げてもヒビが入らないほど柔軟性を持っている素材です。本物の素材は、正しい製法で作られ、それを正しい施工法で使うことで長く保たれる素材になります。

ページTOPへ戻る △

エスタコウォール
ヨーロッパの天然塗り壁材

エスタコウォールは、中世から続くヨーロッパ伝統の塗り壁材です。ヨーロッパの大地で採掘された石灰石が主成分の自然素材のため、室内壁・外壁の全てに使える塗り壁材です。
安心・安全はもちろんのこと、これまでにない優れた性能と施工性、そして抜群のメンテナンス性を持ち合わせています。

photo

特徴その1 夏は涼しく、冬は暖かい

エスタコウォールは多孔質構造で、断面が吸収し続けます。
外壁に使用した時、真夏のように大気温度が高い場合は壁面に受けた熱を放熱します。逆に真冬のように大気温度が低い場合は蓄積します。
室内壁に使用した場合、冬場の室内温度を温かく保ちます。これはエスタコウォールの多孔質構造が空気の層をつくることで蓄熱すると思われます。
つまり、エスタコウォールは高温多湿な日本の気候風土に適した塗り壁材です。

特徴その2 化学物質を吸着

多孔質素材のエスタコウォールはシックハウスの原因と言われるホルムアルデヒドやVOC発揮性有機化合物を吸着します。エスタコウォールは空気中の二酸化炭素との化学反応で、長い年月をかけて石灰石にもどっていきます。そのため、エスタコウォールの主成分の水酸化カルシウムが石灰石にもどるまでの間(一般には100年ともいわれています)はホルムアルデヒドを絶えず吸着し、形成されるギ酸カルシウムを固定化し再放出しない効果が得られます。

ページTOPへ戻る △

オンザウォール
天然塗り壁材

天然素材にこだわった塗り壁材。
炭酸カルシウムを主原料とし、様々なミネラル(鉱物)などを配合して作られています。つなぎとしてわずかにメチルセルロースなどの有機化合物を使っていますが、ほぼ無機質で安心してお使いいただけます。

photo

特徴その1 お部屋の環境は壁にまかせて。

塗り壁の多孔質な材料特性 その1。塗り壁の材料が、室内の湿気を吸収、放散することで湿度を一定に保ち、常に快適な環境を陰ながら演出してくれます。

特徴その2 いやな臭いもさようなら。

塗り壁の多孔質な材料特性 その2。調湿性能に加え、無数にあく小さな穴がお部屋にこもるタバコやペットの臭いも吸着、消臭してくれ、お部屋の空気を快適にしてくれます。

特徴その3 断熱も保温も壁が一役。

塗り壁の多孔質な材料特性 その3。調湿、消臭効果のある多孔質な塗り壁の材料は室内の断熱性、保温性にも優れており、良質な室内環境を実現してくれます。

ページTOPへ戻る △

建材その5 クロス

紙クロス オガファーザー

photo

オガファーザーのウッドチップクロスは、ドイツの新聞紙の再生紙と、木の製材時にでるおがくずを使って作られる環境にとても優しい壁紙です。また、フリースクロスはバージンパルプを使ってできた紙クロスで、スムーズ、柄のついた3種類をラインナップしています。
どちらも塗装用の下地壁紙として生まれた素材で、施工後に呼吸性のある塗料で塗装をすることで仕上がります。製法も特殊な圧着方式で、天然成分が主成分なので化学物質の影響を心配せず安心して使えるのが特徴です。
オガファーザーは紙でできた壁紙なので、一番の特徴は呼吸性がある素材であるということです。透湿性建材に求められる透湿試験でも、一般的な塩ビクロスに比べ、約16倍の放湿性能(JIS A 6901:2005せっこうボード製品に準ずる。)の呼吸性能を持っているほどに、性能が高いこともメリットの一つと言えます。 また、日本の住環境では、湿気が基によりカビの発生が多く健康被害がありますが、オガファーザーは呼吸性があり、湿気が行き来できる為、カビの発生リスクを低減できます。それだけでなく、自然素材であるため塩ビクロスとは異なり、素材の表面で静電気が発生することがなく、壁に埃を引き寄せません。 なので、アレルギー物質の少ない快適な室内空気環境を作れる素材と言えます。

ページTOPへ戻る △

その他建材

塗料

photo

使用している塗料は自然素材が中心です。

◆Kペイント
調湿・消臭・防火・防カビ・有害物質分解などの快適性能が高いです。

◆リボス
ドイツの自然オイル塗料で、人体への安全に重点を置いた、自然かつ健康的な自然健康塗料です。

◆U-OIL
木に塗装する国産自然塗料で、調湿性・耐候性もあり、塗装すると木目が引き立ち、綺麗な仕上がりになります。

◆キヌカ
お米を精米した際に出た米糠を使用した自然塗料です。溶剤不使用、人の肌への刺激も蒸留水並みの安全性です。自然塗料なので赤ちゃんがなめても大丈夫!

外壁

photo

外壁は、エスタコウォール、オンザウォール、木曽ヒノキ以外にも使用しています。

◆サイディング
セメント質と繊維質を主な原料とした外装材で壁に貼って利用するもので、板状の外壁材です。耐火性に優れパネル壁材として「サイディングボード」が現在の主流です。

◆ガルバリウム鋼板
アルミと亜鉛で鉄を守ることにより生まれた耐久性に優れた鋼板です。 耐久性・熱反射率・耐熱性が高く、耐久性が求められる外壁や屋根材として活躍します。

ページTOPへ戻る △

取り扱い建材
自然素材の家づくりに関するお問い合わせは

会社案内

HOMEイフジホームのこだわり取り扱い建材施工ギャラリー分譲地紹介ご注文の流れパートナー紹介お知らせ会社案内お問い合わせ